在日お見合いと現地結婚の違いをご紹介致します。

①渡航せずにお見合いができ、男性の時間的経済的負担が軽い

渡航して出会うには男性側が費用を自己負担し、中国女性に会いに行かなくてはいけません。一回の渡航に必要な費用はおよそ90万円ほどですので、非常に高額であることが分かります。また、お時間も現地に行く場合は最低2泊3日が主流です。

一方、在日お見合いは会員様であれば無料でお見合いパーティーに参加することが可能です。対面時間も一回のパーティーにあたり、2~3時間程度設けられています。

在日お見合いは現地お見合いに比べ、時間的経済的負担が大きく減ることが魅力です。

②交際ができる

現地お見合いでは、お見合いで顔を合わせて以降、交際期間がないまま結婚生活に入ります。そのため、二人の相性が十分に確かめられず、離婚してしまう夫婦が後をたちません。

一方で、在日お見合いではお互いの仲を深められる交際期間がしっかりあります。

じっくりとお互いの将来を見据えた結婚をすることができ、とても安心です。

③中国女性が日本語、日本の生活習慣に慣れている

在日お見合いでは、中国人女性はすでに日本に住んでいるため、日本語や日本文化に親しんでいるのが特徴です。

言葉の壁や文化の差が些細なトラブルに発展しやすい国際結婚ですが、在日中国女性との結婚は日本の常識もあり、幸せな結婚生活を送れるとご好評いただいております。